【iPS細胞研究所 山中伸弥】第8回大阪マラソン 今年もランナーとして出場します!!

このプロジェクトは目標金額の達成に関わらず、決済されます。支援申込後のキャンセルはできません。
この団体は寄付金控除対象団体ではありません
支援額

¥ 500

支援数

1

開始日時:

2018/09/13 17:00

終了日時:

2018/10/31 23:59
残り日数・時間
-

ファンドレイザー

山中伸弥

自己紹介

iPS細胞技術の医療応用を目指す、京都大学iPS細胞研究所(CiRA=サイラ)の所長を務めています

プロジェクト概要

■第8回大阪マラソンに向けてのメッセージ

毎年、大阪マラソンに参加できることを楽しみにしていますが、昨年は大会直前に風邪をひき、自宅からランナーの皆様を応援しておりました。幸いなことに、今年も大阪マラソンアンバサダーとして出場させていただけることになり、大阪マラソンの素晴らしいコースをたくさんの応援の中、走ることを今から楽しみにしています。iPS細胞研究所も14ある寄付先団体の1つとして選ばれていますので、それぞれの団体の特長を知っていただき、ぜひ応援をお願いいたします。11月、一緒に気持ちよくゴールをめざしましょう!

山中伸弥 プロフィール

1962年大阪市生まれ。1987年に神戸大学医学部を卒業後、国立大阪病院臨床研修医として勤務。その後、大阪市立大学大学院医学研究科博士課程を経て、米国グラッドストーン研究所に留学し、その後の人工多能性幹細胞(iPS細胞)の発見へつながる研究を開始した。1997年に帰国後、大阪市立大学医学部助手、奈良先端科学技術大学院大学遺伝子教育研究センター助教授、教授を経て、2004年に京都大学再生医科学研究所教授に就任。2006年に世界で初めてマウスiPS細胞作製成功を発表、続いて2007年にヒトiPS細胞作製成功を発表した。2008年1月に発足した京都大学物質-細胞統合システム拠点iPS細胞研究センター長に就任し、同センターの改組により、2010年4月に京都大学 iPS細胞研究所所長に就任。2012年12月ノーベル生理学・医学賞を受賞。第2回大阪マラソンチャリティサポーター。第3回~第7回大阪マラソンチャリティアンバサダー。

LINEで送る

このプロジェクトをシェアしよう!

支援コメント(1)

匿名支援

一覧に戻る