• 支援額

    2,842,550

  • 支援数

    748

    ファンドレイザー

    37

  • 開始日時

    2018/04/06 10:00

    終了日時

    2018/12/01 00:00

  • 残り日数・時間

    受付終了

即時課金形式:All in

⟨All in 形式⟩このプロジェクトは目標金額の達成に関わらず、決済されます。
支援申込後のキャンセルはできません。

寄付控除あり
こちらのプロジェクトオーナーは寄付金控除対象団体です。

子ども

人権

NPO・NGO

入院中のこどもたちの「生きる力」を支える

     病気を一瞬でも忘れて、家族みんなが笑顔になれる時間     入院中のこどもたちの心が動く瞬間を届けたい

あなたと一緒に支えたい 入院中のこどもたちや家族を

 

おもいきり遊べない 痛いこともある

 我慢もたくさんしなくちゃいけない

 だからこそ「こども時間」を届けたい

 全国各地の病院からクリニクラウンに来てほしいという声があります

 是非一緒に応援してくれる仲間になってください!

 

【団体プロフィール】

 入院中の子どもたちがこどもらしく過ごせる「こども時間」を届けたい!

 認定NPO法人日本クリニクラウン協会は、クリニクラウン(臨床道化師)を小児病棟へ派遣し、入院しているこどもたちがこども本来の力の生きる力を取り戻し笑顔になれる環境を創るために活動しています。(2005年法人設立 大阪市)

 皆様からのご支援・ご協力おかげで、2005年から2016年3月末までに、全国74病院を2586回訪問し、80,341名の子どもたちに「こども時間」を届けることができました。

 

 【団体設立経緯】

 2004年、オランダ総領事館文化プログラムとしてオランダでの活動が日本で初めて大阪で紹介されました。

 それに啓発された道化師や医師、看護師、家族会の有志がクリニクラウンオランダ財団(CCNL)と提携し、200510月にNPO法人を設立しました。

 大阪に拠点を置き、日本で唯一クリニクラウンの養成・認定・派遣・啓発活動を行っています。

      

       入院中のこどもたちの心が動き出す瞬間を届けたい

 

【大阪マラソン】

 チャリティ文化の普及を目指して

 大阪マラソンの合言葉は「みんなでかける虹」

 走る人、支える人、応援する人など、それぞれの「カタチ」でチャリティに参加し、チャリティすることを楽しんで、大阪マラソンのチャリティを一緒にもりあげていきましょう!

 「認定NPO法人日本クリニクラウン協会」は大阪マラソンのオフィシャル寄附先団体です。

 わたしたちも、楽しみながら、大阪マラソンを一緒に盛り上げていきたいと思います!

 チャリティ基金(ランナー全員)は、「家族を支える」黄色組でのエントリーよろしくお願いします。

 ★あかいはなをつけて、ランナーの皆さんを全力で応援します★

 

【大阪マラソン 日本クリニクラウン協会を応援するチャリティランナー募集】

 日本クリニクラウン協会を応援するために走ってくださるチャリティランナーを募集しています。

 チャリティランナーとは、支援する活動への理解を深め、支援の輪を広げることを目的に、団体の活動への寄附を呼びかけ、目標額「7万円以上」の寄附を集めて出場するランナーです。

 期日までに目標金額以上の寄附を募れば、大阪マラソンの出場権を確実に得ることができます。

 そして、自分が集めた寄付金は「認定NPO法人日本クリニクラウン協会」の活動資金として寄付されます。

 

 <チャリティランナーにうれしい特典>

 ①チャリティランナー専用受付(スムーズな受付が可能)

  EXPO会場のランナー受付ゾーンや大会当日の手荷物の受け渡しでは、待つことなくスムーズに受付を行うことができます。

 ②ホスピタリティラウンジ 

  スタート会場・フィニッシュ会場でチャリティランナー専用の更衣・給水・給食エリアが利用できます。

 ③オリジナルグッズ

  大会組織委員会でつくる「なないろチャリティTシャツ(チャリティランナーVer)等の進呈

 ④寄附先団体名入りナンバーカード

 

<さらに日本クリニクラウン協会オリジナル特典>

 ①チャリティランナーだけがもらえる特別グッズ

 ②スタッフやクリニクラウンと合同練習会

 ③大会当日の朝、集合写真撮影

 ④サンキューパーティ開催予定

 

【大阪マラソンあかはな応援団募集】

  大阪マラソンを一緒に盛り上げてくれる仲間を募集しています!あかいはなをつけてランナーを応援しよう!

 

【支援の使途】

 ご支援していただいた寄附金は、小児病棟を定期的に訪問するクリニクラウン派遣事業と、講演会やチャリティイベントなどの啓発事業に使わせていただきます。

訪問病院からは、「クリニクラウンは、こどもたちの表情や仕草の変化を瞬時に読み取り関わっていて、こどものサインに気づかせてもらうことがある」、「こどもが感情表出する機会となっていて、こどもや家族の違う一面が見ることができ、こどもの成長を確認できる。」「こどもだけでなく家族のストレスの緩和につながっている」と感想をいただき、継続的な訪問や訪問回数の増加という要望があります。

また、新規病院から訪問希望がありますが、財政的な制限もあり、これらの要望に応えることができていません。

 クリニクラウン(2名一組)の病院訪問費用(1回分)は、約3万円~15万円。これらは、クリニクラウン2名分の人件費、旅費交通費、健康診断ワクチン接種費用などです。クリニクラウンは、入院中のこどもたちを支える専門職として活動しています。だからこそ、小児がんや心臓疾患のこどもたち、そしてターミナル期のこどもたちと関わることも多く、NICU(新生児集中治療室)やICU(集中治療室)にも訪問しています。そのため、医療スタッフのガイドラインに基づきワクチン接種を行っており、その費用がかかります。また、クリニクラウンに認定されるには約1年間の研修やトレーニングを経て、認定試験に合格する必要があります。認定後もスキルアップを目的とした研修会を年15回程度開催しており、クリニクラウンの研修を実施するための費用にも活用させていただき、入院中のこどもたちや家族を支えていきたいです。

 また、「あかいはな」を通して、すべてのこどもたちがこどもらしく過ごせる、誰もが笑顔になれる社会を実現するための講演会やチャリティイベントなどに使わせていただきます。

 

 

「世界を変えるあかいはな~私たちの想い~」

  入院中のこどもたちに「こども時間」を届けるクリニクラウン

  「あかいはな」のチカラはそれだけじゃない

  ふとした時に「あかいはな」をつけてみる

  それだけで いつもの場所に 笑顔があふれていく

  そのあなたの笑顔が 世界を幸せにする

  わたしたちは「あかいはな」を通して

  こどもがこどもらしく過ごせる社会を

  そしてだれもが笑顔になれる社会を あなたと一緒につくりたい

  「あかいはな」のチカラを信じて

プロジェクトオーナー
認定NPO法人 日本クリニクラウン協会

日本クリニクラウン協会は、闘病生活を送る子どもの権利を尊重し、入院している子どもたちのもとへクリニクラウン(臨床道化師)のあたたかい笑顔と心のこもったふれあいを届けることを目的として発足しました。クリニクラウンは、豊かなコミュニケーションを通じて子どもの成長や発達を支えます。

オーナーに問い合わせる

支援内訳

  • 支援総額

    2,842,550

  • このサイトで集まった支援

    2,842,550

  • その他の支援

    0