「働きたくても働けない」若者に、”働く自信”を身につけるサポートをしたい!

このプロジェクトは目標金額の達成に関わらず、決済されます。支援申込後のキャンセルはできません。
この団体は寄付金控除対象団体です
支援額

¥ 2,023,948

支援数

265

ファンドレイザー

40

開始日時:
2018/04/06 10:00
終了日時:
2018/12/01 00:00
残り日数・時間
44日4時間40分

プロジェクトオーナー

認定特定非営利活動法人 育て上げネット

私達は、若年無業者(ニート)やひきこもり状態などの、働きたいけれど働けずにいる若者の自立を目指し《就労訓練・ジョブトレ》を運営しています。《母親の会・結(ゆい)》ではその家族を孤立させない活動に取り組んでいます。また、困窮家庭の子どもたちに学習機会の提供なども行っている団体です。

プロジェクト概要

はじめにー育て上げネットについて

私たちは「子ども・若者と社会をつなぐ」をため、「若年無業者」のサポートを行っています。


「若年無業」とは一般的にはひきこもりやニートと呼ばれ、学校や社会、地域社会とのつながりを持たず、社会の中で居場所を失った状態を指します。日本にはそんな若者が16人に1人の割合、実にクラスに1,2人はその状態にある計算です。

 

”働きたくても働けない”という社会課題

ひきこもりやニートというと、「働きたくない」と考えていると思われがちです。しかし、実際には日本の雇用文化や社会の考え方が影響してそういった状態であることも少なくありません。

 

例えば、新卒一括採用というシステム。
ほとんどの学生は卒業後の進路を決めるため、学校にいる間に就職活動をしています。ですが、労働市場はその時の景気動向にも大きく左右され、本人の努力だけではどうにもならない場合もあります。

 

若者と呼ばれる、15歳から39歳の世代は、働きたいと願っていても「バブル崩壊」や「リーマンショック」、「自然災害」など労働市場を大きく揺さぶる出来事の最中で、「働きたくても働けない」まま卒業せざるをえない状況が続出しました。にもかかわらず、そんな状況にある若者やその家庭には「自己責任」や「育て方が悪い」といった言葉がかけられてしまうギャップがあります。

 

また、就職活動の前段階で「学校中退」といった問題もあります。中退してしまうと、学校の先生の目も届かなくなり、社会から孤立してしまいます。学校にいる間、社会との接点がある間にサポートを始めることが無業化に対する予防として効果的です。

 

”若年無業”という若者たちが抱えている悩みは、本来、社会全体で解決しなければならない社会課題です。

 

若者支援は”社会投資”です

育て上げネットは「すべての若者が社会的所属を獲得し、”働く”と”働き続ける”を実現できる社会」を目指して活動しています。若者たちが働くという形で社会との接点を持つことは、本人の生活を取り戻すだけでなく、社会全体にもメリットがあります。

厚生労働省の試算では、仮に20歳の若者が生活保護などの社会保障を活用して定年まで至る場合と、就労して納税者として定年を迎えた場合に発生するコストギャップはひとりあたり1億5000万円となっています。

 

つまり、ひとりの若者が働けないでいることは社会全体の損失であり、「働くと働き続ける」を実現することで社会全体が活性化することになります。私たちは「若者支援は社会投資」と捉え、この活動が社会に還元されていくものと考えています。

 

寄付の使用用途①

-トレーニングプログラムの無償提供

 

私たちは職場体験とインターンシップを通じて「働く自信」を身につけるトレーニングプログラム「ジョブトレ」を実施しています。グループ単位での作業を通じて、集団行動や仕事に必要なスキルセットを行います。また、セミナーを通じたビジネスマナーなどの知識を学ぶ機会も提供しています。

 

若者の中には、トレーニングを受けたいと思っても、経済的な困窮状態にある場合だと、費用を捻出できません。寄付はそのような状況の若者に無償でトレーニングを提供するため活用します。また、支援機関に通うための交通費を出すのも難しいケースも少なくないため、交通費を含んだ支援を行うことで安心して支援を受けられる環境を作ります。

 

寄付の使用用途②

-小・中学生向けの学習支援+社会体験

 

「若年無業」に陥る要因には学齢期の中退・いじめ・不登校など、社会に馴染めなかった経験が根源的な課題となることもあります。そんな子どもたちが社会から孤立する前にアプローチし、学校に行けなかったとしても、それ以外の居場所があること。そして、キャンプや企業見学、プログラミング体験などさまざまな新たな社会的な体験ができる環境を整えることで、子どもたちの自立までの道筋を支えます。

 

私たちは「若年無業」に陥らないための「予防」として、子どもたちをサポートするために寄付を活用します。

 

-高校生向けキャリア予防教育

 

急に火事で住む家を失ったら、リストラに遭って仕事を辞めなければならなくなったら…

人生には予期しないトラブルが発生し、その対応に追われることがしばしばあります。そんなとき、頼ることができる社会資源の存在を知っているかどうかで、その後の負荷の大小が大きく変わります。こういった「何かあったときに頼れる社会資源」を知る機会を提供するため、高校への出張授業を行っています。シミュレーション形式で学ぶことができ、さまざまなトラブルを予見できるようになるとともに、万が一のときに対応できるようになるプログラムです。

 

通常、学校ごとの予算の中で行っていますが、地方の学校や定時制高校ではそういった余裕がなく「実施したくてもできない」状態にある学校もあります。そういった学校での授業実施のために活用します。

 

ランナーのみなさまへの特典

第7回大会では練習会やコーチングなどさまざまな機会をご提供しました。第8回大会においてもランナーのみなさまに少しでも機会をご提供したいと考えています。
※エントリーいただいた方へ、メール等でご連絡します。

①練習会の実施
 大阪・東京で練習会を開催しています。
 大阪マラソンに挑戦するスタッフと共に走ることができます。(不定期開催)

 

②チャリティイベントの開催
 フットサル大会などを開催して、寄付集めのお手伝いをしています。

 

③大会前後の壮行会・打ち上げの実施
 大会前日には壮行会、終了後には打ち上げを用意しています。

 

<育て上げネットへのお問い合わせ>

事業担当者までお問い合わせください。
メールアドレス:info_marathon@sodateage.net
電話番号:042-527-6051
(日祝日除く、月~金曜日、9:00~18:00)

LINEで送る

このプロジェクトをシェアしよう!

このプロジェクトを支援しているファンドレイザー(40)

育て上げネットのサポーターとして走ります!

目標達成!

募集中

支援数
1
支援総金額
¥ 70,000

働きたくても働けない人に少しでも役に立てたらと思いエントリーしました。

募集中

支援数
6
支援総金額
¥ 54,000

お世話になった育て上げネットに恩返ししたい!サポーターとして限界にチャレンジ!!

募集中

支援数
5
支援総金額
¥ 40,500

育て上げネットのサポーターとしてチャリティマラソンに参加します

募集中

支援数
4
支援総金額
¥ 26,500

若者支援のリーダーとして若者たちと一緒に走ります

募集中

支援数
2
支援総金額
¥ 20,500

私のチャレンジを、次の誰かのチャレンジにつなげたい。

募集中

支援数
12
支援総金額
¥ 65,500

育て上げネットのサポーターとして大阪マラソンに初参加します!

募集中

支援数
4
支援総金額
¥ 28,000

働きたくても働けない若者たちを支援する活動に賛同してシニアですがまだまだ頑張って走ります!

募集中

支援数
5
支援総金額
¥ 35,000

支援コメント(3)

Be9258ee d21d 40ae 9ae0 57a96f701fae

YS

Be9258ee d21d 40ae 9ae0 57a96f701fae

匿名支援

Be9258ee d21d 40ae 9ae0 57a96f701fae

ryuudai0907

若者が働きやすい環境の手助けとなれば幸いです!

一覧に戻る